>  > 偏見がなくなって良かった

偏見がなくなって良かった

セクキャバ嬢に対して色々な偏見を持っていたのですが、この前で会った女の子はとっても性格が良い女の子でキャバクラの女の子よりもずっとマシな人だったと思います。いろいろな事情があってこういう世界で働かなければいけないのだと思うと、理解することができるようになってきました。自分の中で水商売の人たちを少し下に見ている傾向があったのかもしれませんが、彼女と話していたらなんとなく自分が恥ずかしくなってしまったような気がします。いろいろな思いはあるのですが、彼女ともう一度お話してみたいなと思います。胸も大きいしキスもとっても上手だったので恋人になりたいなと思うのですが、そんなのは夢に過ぎないので変な期待は抱かずに通い続けようと思っています。彼女のような女の子と遊ぶことができるように自分も出世を目指して頑張っていかなければいけないなと思いました。貧乏なお小遣い制のサラリーマンにとっては結構高いお店なので、頑張らなければいけません。

[ 2015-10-12 ]

カテゴリ: セクキャバ体験談